僕とPCMAXの軌跡12ヶ月目:
元キャバ嬢とプライベートで…。

「そろそろ他の出会い系サイトにも登録してみようかな?」
ここ数ヶ月、そんな思いが強くなってきました。

PCMAXに登録して1年が過ぎようとしていますが「僕なりに良い出会いに恵まれたなぁ」 と嬉しく思うし、世界が広がりました。

今月も普段の僕の日常ではおそらく出会う機会は無いだろうと思える女性と繋がることができました。 彼女の前職は夜の花形・キャバ嬢。

現在は退職して仕送りで生活している休職中のニートさん。
キャバ嬢とかホステスさんって今や憧れの職業みたいですね。

さらに【果たしてPCMAXではどんな男性がモテ、支持されているのか?】という
アンケート結果を入手することができたのでご紹介します。

どうぞお付き合い下さい。

PCMAXでモテる男の条件ランキング

ランキングの表

「PCMAXでモテる男性は一体どんな特徴があるのか?」

そんな疑問を感じ、PCMAX運営さんに聞いてみたところ、丁寧に女性に行ったアンケート結果を知ることができたので、PCMAXの女性ユーザーに対し「出会っても良いかな」と思う男性の条件は何ですか?という質問に対する結果をまとめてみました。

僕自身、すごく参考になったし「確かにこの条件は外せないよね!」と納得できる答えで、
女性の会員さんが「どんなことを男性陣に求めているのか?」という明確な答えを知ることができます。

ではPCMAXでモテる男の条件を詳細に見ていきましょう。

1位【プロフィールに抜け目がない】

1位の条件

モテる男の条件、見事1位を獲得したのは【自己プロフをきちんと記入していること】

3人に1人の女性はプロフィール重視であるという結果ですね。 僕自身もプロフィールを埋めていなかった初期の頃は全然アプローチされず苦い経験をしました。

きっとPCMAXに限らず、出会い系サイトにおいては基本中の基本のことだけど、
意外に男性でプロフを完璧に仕上げている人は少ないように感じます。

「僕はこういう人間です」「俺はこんな出会いを探しています」と明確にかつ詳細に記入するほど、 女性から興味・関心を持ってもらえるというのは経験上紛れもない事実だと痛感してます。

やっぱりプロフィールが空欄だったり全然埋まってない人には「この人、全然わかんないからやめておこう」 そう思われてもしょうがないし、自らチャンスを放棄しているようなもの。

また、女性はきちんと仕上げている人が多いように感じるけど男性は少ない。 なので逆に言えば「僕は細かく書いてます!」と言う男性は女性陣から目立つし、興味を持たれる。

必然的にモテる男・支持される男に格上げされるというわけです。
単純に「この人、人間性が良く伝わるなぁ。メールしてみよう」とチャンスも増える。

なので「PCMAXで人気者になりたい!」「モテ期を物にしたい!」と考えているのなら、
まず自己プロフに注目し、できる限り細かく、パーフェクトな仕上がりを目指してください。

2位【アダルト目的を前面に出さない】

2位の条件

2位は【下心を隠し、アダルトさを醸し出さない男性】がモテる条件にランクイン。

例えばいきなり一発目のメールから「エッチしませんか?」なんて論外だし、相手にもされません。このようなあからさまなアダルト目的の男性は女性陣から煙たがられます。

「体だけが目的なんでしょ?」「一回ヤッて、はいさようならが見え見え」と言った具合に、女性は簡単に男性の下心を見抜いています。そして「そんな男に用は無い」とバッサリ切り捨てられてしまうのがオチ。

一発目のメールが下品だけに限らず、エロエロ臭をプンプン漂わせているようなプロフだったり日記を書いてるような男はハッキリ言ってモテません。

業者や援助目的の女の子からばんばんアプローチされることはあっても、一般の方からはお声すら掛からないと思います。逆に女性がエロエロ臭を漂わせた内容のプロフやメールはすごい人気ですが。

中には「あんた、正直で良いね。気に入ったわ」なんていう痴女もいるかもしれませんが、確率的には低いでしょう。たまに飛び抜けてエロを追求している男性ユーザーさんの中には人気者でモテ男もいます。

ただ、やはり体目的で登録していたとしてもそこは前面に出すべきではなく、そっと隠しておくのがモテる大切な条件。少なからず僕はメールの段階でエロトークは極力控えてます。まぁうまくいった試しがなく失敗ばかりだったので。

ですからPCMAXでモテたいのなら、アダルトを押し切るような行為やアピールポイントにするべきではないと実感しています。

3位【顔写真をきちんと掲載】

3位の条件

3位に食い込んできたのが【顔がハッキリわかる写メを掲載していること】という条件。

なんだかんだ言ってもパートナーを選ぶ基準として顔や外見は外せないもの。「私、中身重視だから」「僕は性格が大切だと思う」とそんな事を言って写真を載せなければ、相手からしたら関係なく「顔わかんないからメールはやめよう」という結果になります。

この写メを載せるという点で僕がすごく重要だと実感していることは「必ずしもイケメンじゃないと出会えない」ってことは全くないということ。現に僕はイケメンでもないしアイドルみたいな顔じゃないけど、きちんと出会えてきました。

僕はもちろん写真も載せてます。写真って顔だけじゃなくて相手の雰囲気やにじみ出る人間性みたいなものを伝えてくれますから「ブサイクだから出会えない…」ということには直結しないんですね。

例え整った顔立ちじゃなくても、写真を載せていれば必ずチャンスはくる。僕は経験と実績からそんな自信を持つことができました。女性全員が「私は顔が命!」という冷酷な人ばかりじゃない。

PCMAXで人気があり、モテる男性はみんな写真をきちんと掲載していますが、みんなイケメンなわけではありません。でもきちんと出会いに繋がっている。顔がわかるという安心感が重要なんです。

相手を判断する際「顔がわからないからコンタクトを取るのはやめておこう」と自分自身が思うように、相手もまたそう思っているわけです。つまり顔がわからないだけでモテるチャンスや出会いのきっかけも大幅に失っている。

ですからPCMAXでモテ男になりたいと願うなら、きちんと写メを登録して下さい。

4位【メール返信を確実にしてくれる】

4位の条件

4位は【メールのやり取りがきちんと続く人】という条件になります。

「せっかくメールの返信したのに全然返ってこない人は嫌だ」「さみしいからマメに返信して欲しい」そう感じている女性が多い事は僕もPCMAXを通じて学びました。なので確実にメールをくれる人は信頼感も高い。

そもそもメールをやり取りするまでに至る経緯も誰でも成功できるわけでは無いし、個人的には3回続けばかなり脈アリだと感じています。そこまで続けるにはやはり努力は必要。

できるだけ返信間隔は空けないようにすることで誠実な対応を示す。これはすごく大切だと思います。逆の対場で「なかなか返信が来ないなぁ」と思う相手とのやり取りは、経験上長く続きませんでした。

メールや日記のやり取りにおいてお互いの温度差は非常に大切だし、出会いに繋がるか否かにも大きく関わってくるもの。「この人はちゃんと返信をくれるから信用できるかも」と相手に感じさせることはモテ男として試されるところ。

「せっかく送ったのに…」と一度でも女性に感じさせてしまったら、それまでの関係や努力は水の泡になりかねません。そうならないように努められるのがモテる男の条件になっているわけですね。

常に相手の立場に立って物事を考えられるかどうかという人間性を見極められるポイントで、出会いに繋がる信頼感や安心感を勝ち取れるかどうかが勝負になってきます。

僕もできるだけ女性からのメール返信は「素早く丁寧に」を常日頃から意識して頑張っています。

5位【連絡先交換を申し込まない】

5位の条件

5位は【サイト外での連絡先を聞かない事】という男はモテるという結果です。

PCMAXでは男性は有料なので課金が必要になってきます。「できるだけポイントは消費したくないからLINE交換したい」と考えることにはすごく共感するし、可能なら実現したいと僕も考えています。

だけど女性からすれば「LINE交換とかアドレス交換はなんか抵抗がある」「悪用されるか心配」といった意見もちらほら聞こえてくるし、実際に僕も何度も断られてきました。

本来ならサイト内でのやり取りのみで出会いまでの約束を取り付けられることが理想だけど、それじゃお金がいくらあっても足りない。だから連絡先交換を成功させたい。でもこれは男性側のエゴなのかもしれません。

女性からすれば「私軽く見られてるのかな?」「メール代も払えない男なんて興味ない」と感じる人も多いのが現実。少なくともいきなり「LINE教えて!」とお願いするような男性はPCMAXではモテないというのは僕でも実感してます。

もし直接の連絡先を交換したいのなら、少なくとも相手の女性に「この人なら連絡先教えても大丈夫かな」と感じてもらえるように努めるべきだし、そうじゃなければ結局出会いまでは繋がりません。

なのでまだ知り合って日が浅いうちに連絡先を聞くのではなく、何度もやり取りを重ね、冗談を言い合えるようになるくらいまでは我慢するのがモテ男。そう心掛けてやり取りすれば、結果的に連絡先はゲットできるものです。

6~7位【趣味が同じ・日記をつけてる】

6~7位の条件

6位【同じ趣味】7位【遊び機能に参加している】という結果になります

共通の趣味がある事はお互いの壁を一気にはがしてくれる魔法のようで、その趣味が稀であればあるほど共感を得られます。ですからプロフの欄に自分の趣味を記載することはモテる男性になる近道。

「あっ!私もやってる!」「趣味が似てるから一緒に過ごしたら楽しいかも」と相手に感じさせることができれば、グッと距離も近づき親近感も湧く。そこから出会いに繋がる可能性もすごく高いと思います。

また日記や出会い以外のコミニュティに参加している男性も女性にとっては好感度が高いんですね。例えば日記をつけていると「この人こんな人なんだ」という人間性もわかるし、判断材料になる。

コンテストに参加すれば同じコンテスターとの絆が生まれたり、共通意識が芽生えてお互いの壁が薄くなるもの。そんな感じで掲示板や写真検索だけを使うより、PCMAXの遊び機能も使った方が女性からの印象は良いんですね。

なので日記をつける際には自分の人間性がわかるような文章を書いたり、誠実さや紳士さをアピールするように心がければ、なおよい結果が期待できると思います。そこからモテ道が始まるかもしれませんからね。

PCMAXでモテる男の条件まとめ

  • プロフを完璧に仕上げる男
  • 下心を隠せる男
  • 顔をさらけ出している男
  • メール返信がマメな男
  • LINEやメアドを聞かない男
  • 日記やコンテストに参加してる男

これが【PCMAXでモテる男の条件】のまとめになります。

改めて見ると「ふむふむ。確かに。」と納得できる条件ばかりだし「お金持ちじゃなきゃ嫌だ!」「イケメンじゃないとモテないよ!」といった厳しい意見が無くて、僕的にはホッとしています。

どの条件もやる気次第ですぐに始められるようなハードルの低い条件ばかりだから、やらなきゃ損ですね。僕個人も勉強になる事ばかりで為になるアンケート結果でした。

「よし!頑張るぞ!」とフンドシを絞め直して頑張りたいと思います。

僕とPCマックスで出会った女性達のその後

三度目の正直【スタイル抜群フリーター】

これまで韓国料理と焼き肉、2度の食事に行ったM子ちゃん。

前回の別れ際にLINE交換をしてくれたから連絡をしていたんだけど徐々に返信がそっけなくなり、温度差を感じていました。僕的には「三度目の正直でなんとか!」と考えていただけに残念。

2週間ほどで「ごめんね。好きな人ができたから」とあっけなくフラれてしまいました…。「まぁ確かにM子ちゃんは美人でスタイルもモデルさんみたいな人だったから、正直僕とは釣り合わない人だよな」と頭では理解していても、どこか期待していたので。

フラれる事やお別れすることもやっぱり多いけど、リアル社会では絶対に声掛けられないような女の子に会えたことは素直にうれしいし、自信にも繋がっています。そうポジティブに考えて、切り替えていかないと。

本音を言えば「一回くらい!」と思っていましたが、僕の失敗ではなく相手に好きな人ができてしまったわけだから、こればかりはしょうがない。また次ぎ頑張ります。

まともや高額出費【金欠女子大生】

先月知り合った貧乏女子大生のL子ちゃん。

前回、六本木のステーキ屋さんで大枚叩いたにもかかわらずお持ち帰りは失敗してしまいました。そこでまた「ご飯でも行こうよ」と僕から誘ってみたところ「お寿司が食べたい!」と速攻で返信が来ました。とりあえず一安心。

寿司という単語に何となく嫌な予感はしていたけど、提案されたのは案の定、回らない方のお寿司屋さん…。「これはもしかしてカモられているのか?」と感じながらも男の見栄で行ってしまいました。

場所は二子玉川の高島屋に入っているみどり寿司。すごい行列で1時間くらい待たされたけど会話も弾んで楽しかったです。そのまま美味しくお寿司を食べ、いざ会計。回転ずしの数倍払わされました…。

「いつもありがとう」という言葉に期待してしまいましたが「それじゃ今日はこれで!ばいばい!」と元気よく去って行く彼女の背中を呆然と眺めるしかありませんでした。

う~ん。なかなか思い通りにはいかないものですね。ただ、まだ諦めたわけではありません。次回、リベンジを果たせるよう努力したいと思います。

PCMAXで新しい出会い

元キャバ嬢【現ニート】

「そういえば最近、エッチしてないなぁ…」

そんな暗い気持ちでPCMAXにログインすると何通かメールが届いていたので早速チェック。

元キャバ嬢からのメール

内容を見てみると、どうやら最近夜の仕事を辞めて暇をしているらしい。「これはチャンスかもしれない!」そう感じました。

夜の仕事と言えばバーテンダーとかキャバ嬢、もしくは風俗関係かもわかりません。何だかわからないけどドキドキしたことは鮮明に覚えています。男の血が騒いだというか。

早速プロフィールを覗いて見ることにしました。

「おいおい。セクシー過ぎるじゃないか。けしからん。」なんともあらわな胸元に釘付けとなってしまったのは言うまでもないでしょう。25歳年下、悪くない。

キャバ嬢のプロフィール

「10月までキャバで働いてました」と書かれていて「やっぱりそうか」と風俗関係じゃなかったことは少し残念に感じながらも「都内に1人暮らし」という言葉にグッと来てしまいました。

これはアタックチャンスだと感じ、すぐにメールを送信。1時間くらいしてから「返信ありがとうございます!」と丁寧なメールが返ってきたので、やり取りをすることができました。

「今、夜から昼に就活中なので、割と時間あります!」的な内容も送られてきたので3日程サイト内でメールをし、思い切ってお誘いしてみたところ「それじゃ会ってみましょうか」とOKを頂けました!

すぐに日取りと場所を決めて会う約束を交わすことに成功。やっぱりこちら側からアプローチするよりも向こうからファーストメールをくれたケースの方がスムーズに事が進むものですね。

そして約束当日。

待ち合わせは彼女の近所だという世田谷区の祖師ヶ谷大蔵という駅に夜20:00集合。僕の帰宅時間に合わせて頂きました。

時間ピッタリに到着すると先に彼女が着いていて「こんなとこまでわざわざすみません」と初顔合わせに成功。写真ではスタンプが邪魔でハッキリ見えなかったけど、顔は可もなく不可もなくと言った感じ。

「まぁ僕にはこの子くらいがお似合いさ」と思いながら近くの居酒屋へ。

夜の仕事をしていただけあって会話はすごく上手だし、礼儀も正しい。とても好感の持てる女の子でおっぱいも大きい。「できればお持ち帰りしたいなぁ」と頭をよぎりながら、楽しい時間を過ごせました。

PCMAXに登録したきっかけは以前の職場が新宿で、近くにでっかい広告看板があったからだそう。出会い系サイトは昔使ったことがあったからそこまで抵抗感はないと話してくれました。

過去には出会い系で知り合い、お付き合いまで発展したことがあるみたい。だから他の女性より積極的に使っているそう。「成功体験もあるし、使い方さえ間違わなければ、出会い系サイト自体は女の子にとって良い場所だと思う」と話してくれたのが印象的でした。

キャバ業界ではお金を稼ぐために営業目的で出会い系サイトに登録し、勧誘している友達もちょくちょくいるそうです。「お店に来てくれてら会えるよ~」という言葉が常勝手段と話してくれました。

「へぇ~。出会い系サイトをそういう目的で使う人もいるんだな」と勉強になり、夜の世界の面白い話やダークサイドな話も聞けてすごく充実した時間でした。

2人ともかなり飲み、酔っぱらってきたところで「ウチ、近所なんで良かったら」とまさかの逆転満塁ホームラン。その後は彼女の家にお邪魔して、久しぶりの朝帰りでした。もちろん欲求不満解消に成功です。

夜のうちにLINEの連絡先を教えてくれたので、そこから何回か連絡を取っています。久しぶりにお持ち帰り成功ということで、嬉しい報告ができました。もう一回チャンスがあれば、その時はもちろんまたホームランを狙っていきたいと思います!

僕のPCMAX失敗談【返信文の重要性】

前回「メール返信の間隔は空けるべからず」という失敗談をお話ししました。今回はそれと少し連動して「例え短時間で返信しても返信文の内容がそっけなかったら続かないよ」という失敗談をお話しします。

例えば「何してるの?」→「テレビ見てるよ」→「そっか~」→「…」のような本当にどうでもいい内容のメールをしてしまうとパッタリ返信が途切れてしまう経験が僕にはあります。

普通に考えてこんなくだらない内容のメールを送ってくるような男性に興味なんてわかないですよね。当時僕はそのことにも気づけませんでした。「メールしてればいつか何とかなるだろう」と甘い考え。

そんなやり取りでいくらポイントを無駄にしたかわかりません。その間違いに気付かされたのはPCMAXでやり取りした一人の女性とのメールでした。彼女はいつも返信文に僕の名前を入れてくれていたんです。

「~君、元気?今日は買い物に行ってきたよ!私、池袋によく行くんだけど、~君はどこで買い物するの?」といったようなすごく親近感がもてる返信文をいつもくれました。とても好感が持てて、その時から「僕もメールには相手に名前を入れよう。そして気持ちのこもったメールになるよう心掛けなくちゃ」と気付かされたんです。

そんな事を意識してやり取りをするようになってからは以前のように会話が続かない事態や、愛想を尽かされて投げ出されることがグンと減ったんです。もちろんパッタリ音信不通にされることもあるけど、以前よりはだいぶ改善されました。

改めて返信文の重要性に気付かせてくれた女性とはタイミングが合わず、出会うことはできなかったけど今でもすごく感謝しています。この先もしまた彼女と繋がる機会があれば、その時は迷わずお誘いをしたいと考えています。

「なんで俺、やり取り続かないんだろうなぁ?」「いつも途中で投げ出されるのはなぜだ?」と疑問に思っている人がいたら、相手の名前を本文に入れてみる事・できるだけ気持ちの伝わる文章や表現を意識して書きてみる事をお勧めします。

そうすれば失敗経験よりも成功経験のほうが上回る事も遠い未来ではないと思います。どうぞ僕の失敗談を参考に素敵な出会いを掴んでください。

僕とPCMAX12ヶ月目の結果と報告

  • 新しく出会えた人→1人
  • エッチの回数→1回
  • 1ヶ月で使った利用料金→1100円
  • 課金→2000円で200ポイント

これが「僕とPCMAX12ヶ月目まとめ」になります。

今月も新しい出会いと別れを繰り返し、1人の素敵な女の子に会う事ができました。久しぶりにお持ち帰りも成功し、エッチの回数的には少ないかもしれないけど、すごく満足できたPCMAXライフだったと感じています。

今回出会えた元キャバ嬢で現ニートの女の子なんて僕の現実世界では繋がることのできない経歴の子。そんな出会いがあるから、いつもワクワクしながらPCMAXにログインしています。

成功ばかりじゃないし「はぁ~あ…」とため息が出る失敗も多いけど、そんな事も経験値として次に生かせるような男にPCMAXを通じて少しづつ成長できてるような気がします。

来月からPCMAXに登録して2年目に突入するけど、まだまだ貪欲に出会いを求めていこうと考えています。みなさんにも良き縁が巡ってきますよう願いながら今月もお別れしたいと思います。

お付き合い頂き、ありがとうございました。

PCMAXのご利用はこちら
PCマックス公式サイト